Byteballを使ったアプリやシステムを開発するための情報wikiです。現時点では管理人個人のメモとなっています。編集したい方はSlack経由でYamaokaまでご連絡下さい。

概要

BIoTとはByteball+IoTを繋げた造語で、
IoT機器との連携を前提とした支払い機能です。
Alis内で書いた簡単な考察があるのでこちらも参考にしてください。

特徴

通常の支払いとは違い、お互いが「ペイメントチャンネル」と呼ばれる専用の支払いチャンネルを
作成・接続することで支払いを行います。
大まかな流れは以下の通り。
  1. ペイメントチャンネルを開く(この時極小の手数料が発生)
  2. お互いがチャンネルに接続
  3. お互いが好きなタイミングで何回でも支払いを行い、この際一切手数料は発生しない。またこの時点ではByteballネットワークには支払いは反映されない。
  4. ペイメントチャンネルを閉じる(この時も極小の手数料が発生)。Byteballネットワークに支払いが反映される。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

当サイトは寄付歓迎です

Byteball
[1MB] [10MB] [100MB]

メニュー

メニュー



開発者ガイド

キャッシュバックプログラム

ウォレットを使用したユーザー認証(翻訳)
(調査中)JSON-RPC経由でByteballにアクセスする
コード解説(headless-byteballのstart.js)(作成中)

実用テクニック

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます