Byteballを使ったアプリやシステムを開発するための情報wikiです。現時点では管理人個人のメモとなっています。編集したい方はSlack経由でYamaokaまでご連絡下さい。

将来的にはByteball向け用語集とする予定。

現状はTenXコミュニティから拾ってきたざっくり用語集を載せてあります
用語大体の意味
Atomic Swap対個人の複数種コイン交換技術
CounterpartyBitcoin分散型金融Platform
EVMEthereum VM
SEGWIT分離されたWitness data
TX処理(取引)
スマートコントラクト契約の自動化
ペイメントチャンネルサイドチェーン技術
マイクロペイメント1000分の1ドル払い
Atomic Swap(複数種)コイン交換技術。第三者を介さないP2Pでの異種アセット交換技術
CounterpartyBitcoin分散型金融Platform。Bitcoinサイドチェーンプロトコル、1wayペッグのスマートコントラクトチェーン
DAG ≠Blockchain  ブロックチェーンデータベース か DAG式データベースか。 コンセンサス(合意)の仕様が違う。データ共有の工程が違う。
DApps非中央集権・分散型Application
ERC20Ethereumトークン  ERC223,ERC721,ERC777とかなんかいろいろ規格出てきたが本採用されているのは今のところ20だけ。
EVM Ethereum VM  イーサリアムバーチャルマシン(クラウドコンピューター)
KYC顧客確認
LNオフチェーンで大量のTXを処理する技術
LP流動性プール
SEGWIT分離されたWitness data。分離署名方式。署名と送信量などとを別にしてTXの容量を圧縮する技術。
UTXOchainstate DBに対してアカウント方式。残高を証明する計算方法の違い。
カウンターパーティリスクGOX。請け負い機関の破綻等。GOX≒ハッキングなどによる盗難、本来は取引所の不正等も指す。
スケーラビリティ拡張性。処理能力
スマートコントラクト契約の自動化。契約の自動執行
チューリング完全万能チューリングマシンをシミュレートできる言語を指す
チューリングマシン理想化された仮想機械。チューリング=入力から出力の反応自動化
ペイメントチャンネルサイドチェーン技術。主にオフでの環境を指す。支払い用のオフチャンネルをペイメントチャンネル。その他のコントラクト制御するオフチャンネルはステートチャンネル技術という。汎用(何にでも使える)ステートチャンネル技術を開発中
マイクロペイメント1000分の1ドル払い。とにかく少額の支払。
AMLマネロン対策
ペッグレート固定
ガチホ長期ホールド≒HODL

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

当サイトは寄付歓迎です

Byteball
[1MB] [10MB] [100MB]

メニュー

メニュー



開発者ガイド

キャッシュバックプログラム

ウォレットを使用したユーザー認証(翻訳)
(調査中)JSON-RPC経由でByteballにアクセスする
コード解説(headless-byteballのstart.js)(作成中)

実用テクニック

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます