Byteballを使ったアプリやシステムを開発するための情報wikiです。現時点では管理人個人のメモとなっています。編集したい方はSlack経由でYamaokaまでご連絡下さい。

このページは
オラクルの仕様を勉強するために

スポーツオラクル
https://github.com/byteball/sports-oracle
の挙動について調査をした際のメモです。

*現在DAGに書き込まれた値の呼び出しかたを調査中

start.js

大まかな挙動

(調査中)
・witnessと同じく動かす際にコストが必要?
 →DAGにオラクルの機能として所定の値を書き込む際に、書き込むByte数分かそれ以上のコストの支払いが必要思われる。
 継続的なコストについては不明。

関数

readNumberOfWitnessingsAvailable

createOptimalOutputs

postDataFeed

reliablyPostDataFeed

readExistingData

getHomeInstructions(調査中)

getChampionshipInstructions

getFixturesAfterNow

getFixturesBeforeNow

searchFixtures

retrieveAndPostResult(調査中)

getFeedStatus(調査中)

getPublicCalendar

notifyForDatafeedPosted

setInterval(391行)(調査中)

getTxtCommandButton

removeAbbreviations

removeAccents

getResponseForFeedAlreadyInDAG(調査中)

getCurrentChampionshipsFromFootballDataOrg

initFootballDataOrg

encodeFixture(調査中)

initMySportsFeedsCom(調査中)

convertMySportsFeedsTimeToMomentUTC(調査中)

initUfcCom(調査中)

encodeOnlyNames

loadInCalendar

checkUsingSecondSource(調査中)

checkUsingTheScore

eventBus.on(調査中)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

当サイトは寄付歓迎です

Byteball
[1MB] [10MB] [100MB]

メニュー

メニュー



開発者ガイド

キャッシュバックプログラム

ウォレットを使用したユーザー認証(翻訳)
(調査中)JSON-RPC経由でByteballにアクセスする
コード解説(headless-byteballのstart.js)(作成中)

実用テクニック

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます