Byteballを使ったアプリやシステムを開発するための情報wikiです。現時点では管理人個人のメモとなっています。編集したい方はSlack経由でYamaokaまでご連絡下さい。

ここでは開発者の視点で見たオラクルの仕様について列挙します。


基本的な動作

起動〜データ同期

ウォレットが起動すると、DAGのデータをDBとして取り込むようです。
データが取り込まれれば検索が可能になります。

オラクルへのデータの書き込み

*DAGからある程度データを取り込まないと書き込みは出来ないようです。

開発ウォレットから書き込みデータを作成して書き込み。

開発ウォレット内のBytesで書き込みコストを支払い、DAGに書き込みを行う。

この時点でDAGへの反映を待たずに開発ウォレットからデータの検索をおこなうことが可能。
(自分のDBに反映された書き込みデータを検索しているからだと思われます)

オラクルからのデータの読み込み

起動後からDAGをDBに取り込み続けているため、
取り込みが終わったデータから順次検索可能になると推測されます。

DAGを取り込んだDBをSQL文で検索

読み込んだデータを使ってプログラムを動かす。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

当サイトは寄付歓迎です

Byteball
[1MB] [10MB] [100MB]

メニュー

メニュー



開発者ガイド

キャッシュバックプログラム

ウォレットを使用したユーザー認証(翻訳)
(調査中)JSON-RPC経由でByteballにアクセスする
コード解説(headless-byteballのstart.js)(作成中)

実用テクニック

【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます